【ソウル共同】韓国南東部大邱のビルで9日、火災が起き、消防当局は7人が死亡したと推定されると発表した。煙を吸うなどして数十人が負傷した。韓国メディアが報じた。警察が放火の可能性も含め、出火原因を調べている。

 現場は大邱地裁の近くの弁護士事務所が入るビル。約20分後に鎮火したものの、建物にいた3人の死亡が確認され、さらに4人が死亡したと推定される。