2021年に全国であった山岳遭難は前年に比べ341件増の2635件、遭難者は前年比378人増の3075人だったことが9日、警察庁のまとめで分かった。例年に比べ富士山などの3千m級での遭難者が減り、高尾山や東京近郊の秩父山系、里山で増えた。

 漁船などをのぞく水難事故は同42件増の1395件で、水難者は同78人増の1625人。

 警察庁の担当者は山岳遭難の増加要因として、新型コロナ禍で閉鎖した登山道や山小屋の再開などを挙げ「密を避けるため、近場に出かけた人が増えた可能性がある」と話している。

 3075人のうち死者・行方不明者は283人で、約7割が60歳以上。