サッカーの第102回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は8日、札幌厚別公園競技場などで2回戦の残り3試合が行われ、J1札幌が延長で桐蔭横浜大(神奈川)を4―3で振り切り、3回戦に進んだ。金子が延長後半に、この日2点目となる決勝点を奪った。

 FC東京は2―0で富士大(岩手)を下し、J1勢の全18チームが2回戦を順当に突破。J2横浜FCはソニー仙台(宮城)と3―3で、PK戦を3―1で制した。3回戦は22日に実施される。