ボクシングの井上尚弥選手(29)がバンタム級世界王座統一戦を制した7日、空き巣被害に遭い、神奈川県内の自宅からブランド品のかばんなど十数点を盗まれていたことが8日、神奈川県警への取材で分かった。車で立ち去る男2人が目撃されており、県警が行方を追っている。

 井上選手は7日夜、さいたま市でのバンタム級世界王座統一戦を制し、日本選手初の3団体統一王者となった。県警によると、試合前の7日午後4時半ごろ、試合で不在だった井上選手の自宅に何者かが入り、かばんや貴金属を盗んだという。

 現場の状況から、玄関のドアを何らかの道具でこじ開けたとみられる。