大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)で起きた2001年の校内児童殺傷事件から8日で21年となり、同小は児童が犯罪や事故から自分の命を守る力を身に付けることを目指した「安全科」の授業を行った。児童らは互いの考えを述べ合い、事件を伝え続けていくことの大切さや、学校が事件後に取り組んできた安全対策などについて再確認した。

 犠牲となった8人を追悼する「祈りと誓いの集い」も行われたこの日は、6年生の授業が報道陣に公開された。児童は事件当時の教室や体育館などの写真を現在のものと見比べ、不審者の侵入などを防ぐために施された対策について学習した。