【アナハイム共同】米大リーグは7日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのレッドソックス戦に「2番・指名打者」でフル出場し、4打数1安打だった。チームは延長十回、5―6で敗れ、同一シーズンでの球団ワースト記録を更新する13連敗を喫した。試合前にはマドン監督が成績不振を理由に解任され、ネビン・コーチが監督代行に就任した。

 レッドソックスの沢村は4―5の六回から3番手で登板し、1回1/3を無安打無失点だった。

 メッツ戦に先発したパドレスのダルビッシュは7回2安打無失点と好投し、5勝目(3敗)を挙げた。試合は7―0だった。