【ソウル共同】日米韓3カ国は8日、韓国の尹錫悦政権発足後初の外務次官協議をソウルで開いた。北朝鮮の核・ミサイル技術が高度化し、核実験強行が目前だとの見方が強まる中、韓国の趙賢東外務第1次官は協議後「日米韓は安保協力を強化していく」と述べた。3カ国の外務次官は「北朝鮮が繰り返す不法な弾道ミサイル発射を強く非難する」との共同声明を発表した。

 シャーマン米国務副長官も「日米韓は朝鮮半島の非核化の必要性を確認し、緊密に連携している」と強調。日本からは森健良外務事務次官が出席した。