立憲民主党の泉健太代表は8日、岸田内閣に対する不信任決議案を今国会に提出する方針を表明した。岸田政権は物価高から国民生活を守れていないとして「経済無策を看過できない」と国会内で記者団に述べた。週刊誌にセクハラ疑惑を報じられた細田博之衆院議長への不信任決議案を8日夕に提出する方針も明言した。馬淵澄夫国対委員長は党会合で、内閣不信任案も8日夕に提出する意向を明らかにした。自民党は内閣と議長への不信任案の二つとも否決する。

 自民の高木毅国対委員長は、内閣不信任案について「与党として粛々と否決する。不信任の明確な理由など何もない」と国会内で記者団に語った。