【アムステルダム共同】欧州連合(EU)各国と欧州議会は7日、EU域内で販売されるスマートフォンやタブレット端末など電子機器の充電器の端子を「USBタイプC」に統一する規制案で大筋合意した。加盟国で構成する理事会と欧州議会の正式承認を経て施行し、2024年秋にも幅広い機器に適用する見通し。ノートパソコンにはさらに猶予期間を設ける。

 消費者の利便性向上や、不要な充電器が廃棄されて生じる「電子ごみ」の削減が狙い。米アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などでUSBタイプCとは異なる規格の端子を使っており、今後対応を迫られそうだ。