ロシア国防省は7日、ウクライナ東部ルガンスク州中西部でミサイルにより弾薬庫を破壊したと発表した。またノルウェーと米国が供与した155ミリりゅう弾砲を砲撃で破壊したと表明したが、場所は明らかにしていない。

 ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は、東部ドネツク州で歴史的建造物の木造修道院が攻撃を受け炎上した問題について、ロシア軍の関与を否定した。目撃者の証言などからウクライナ軍による放火だと主張し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)からのロシア追放を訴えたゼレンスキー大統領を「国民と国際社会を欺いた」と非難した。(共同)