ボクシングのバンタム級世界3団体王座統一戦が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、世界ボクシング協会(WBA)国際ボクシング連盟(IBF)王者の29歳、井上尚弥(大橋)が世界ボクシング評議会(WBC)王者の39歳、ノニト・ドネアを2回1分24秒TKOで下し、日本選手初の3団体統一を果たした。

 井上尚は1回の終盤に右ストレートでダウンを奪った。2回も猛攻で追い詰め、コンビネーションからの左フックでダウンさせると、レフェリーが試合を止めた。

 両者は2019年11月にワールド・ボクシング・スーパーシリーズ決勝で闘い、井上尚が判定勝ちした。