【ナイロビ共同】ナイジェリア南部オンド州の教会が5日に襲撃され、地元当局は7日、22人が死亡、50人が負傷したと明らかにした。ロイター通信が伝えた。

 襲撃は日曜日のミサの最中に起き、銃や爆発物が使われた。逃走した襲撃者は複数で、ミサの参加者に紛れるなどしていた。

 オンド州知事はツイッターに、市民を標的にした「いわれのない攻撃」と投稿し非難した。