日本維新の会の鈴木宗男参院議員が7日の参院外交防衛委員会で、外務省が一時作成していた自身の「対応マニュアル」の存在を巡り、長女の鈴木貴子外務副大臣にただす一幕があった。宗男氏は自民党議員時代に外務省へ強い影響力を持ち、対応に苦慮した同省側がマニュアルを作ったとみられる。貴子氏は「マニュアルではなく『取扱注意書』だと、ご指導いただいた諸先輩もいる」と皮肉まじりに答えた。

 マニュアルには「会食は原則的に行わない」などと記されていた。貴子氏は昨年10月に副大臣に就任した際、マニュアルについて「都市伝説か否か、在任中に確かめたい」と述べていた。