7日午後3時ごろ、茨城県ひたちなか市北神敷台にある「岡崎ビル」内で、拳銃の発砲事件があった。茨城県警によると、発砲は暴力団の事務所内で発生、幹部と組員の計2人が病院に搬送されたが、ともに死亡が確認された。組内のトラブルとみられ、県警は抗争事件の可能性は低いとして死因などを捜査している。

 県警によると、指定暴力団極東会の2次団体「極東会松山3代目岡崎会」の事務所。死亡した2人は、極東会系の同じ組に所属する桜井増美幹部(72)と結城嘉則組員(54)。現場で拳銃1丁を発見した。

 現場は、ひたちなか海浜鉄道殿山駅の北西約800メートルの住宅街。