全日本大学野球選手権第2日は7日、神宮球場などで8試合が行われ、東海大札幌(札幌)の渡部雄大が1回戦の環太平洋大(中国)戦で大会史上7人目のノーヒットノーランを達成した。2011年に近大工学部の久保田高弘が達成して以来で11年ぶりの快挙。

 渡部は4四死球と失策で走者を出しただけ。試合は2―0で勝った。

 2回戦では東日本国際大(南東北)が金沢学院大(北陸)に6―3で逆転勝ちし、準々決勝に進出した。1回戦では近大工学部(広島六大学)神奈川大(神奈川)名城大(愛知)仏教大(京滋)東農大北海道オホーツク(北海道)九州共立大(福岡六大学)も勝ち、2回戦に進んだ。