立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長は7日、週刊誌にセクハラ疑惑を報じられた細田博之衆院議長への不信任決議案を早ければ8日に提出すると表明した。検討中の岸田内閣に対する不信任決議案の提出時期を巡り、泉健太代表が最終判断するとの考えを示した。「代表が最終的に判断すれば、対応できる準備を整えている」と述べた。記者団の質問に答えた。

 これに先立ち、馬淵氏は自民党の高木毅、公明党の佐藤茂樹両国対委員長と国会内で個別に会談。細田氏への不信任決議案を提出する意向を伝えた。

 高木氏との会談では、細田氏がセクハラ疑惑を巡り、国会での説明を求めているのに応じていないと訴えた。