社民党は7日、参院選公約を発表した。憲法9条を生かした外交力で平和を実現する外交・安全保障政策と、新型コロナウイルス感染症で疲弊した生活再建が柱。防衛力の大幅増強や敵基地攻撃能力の保有、憲法改正への反対を掲げた。企業への内部留保課税を財源に、消費税を3年間ゼロにする生活再建策を盛り込んだ。「がんこに平和!くらしが一番!」とのスローガンも打ち出した。

 福島瑞穂党首は記者会見で「防衛予算倍増ではなく、生活を支えていくべきだ。9条を改悪させないため、複数議席を獲得したい」と表明した。