特別支援学校に通う8歳の長男の首をタオルで圧迫したとして、岡山県警は7日、殺人未遂の疑いで母親のパート従業員藤井典子容疑者(35)=同県和気町=を逮捕した。県警によると、長男は死亡が確認された。容疑者は「子どもを殺して自分も死ぬつもりでした」と容疑を認めており、県警は容疑を殺人に切り替えて調べる。

 逮捕容疑は7日午前4時~4時40分ごろ、和気町内にある容疑者の実家に駐車した軽乗用車内で、長男蒼天君の首をタオルで圧迫するなどして、殺害しようとした疑い。

 容疑者は夫と蒼天君との3人暮らしで、蒼天君と共に自宅近くの実家に帰省していた。