【ソウル共同】米国のシャーマン国務副長官は7日、ソウルで韓国の趙賢東外務第1次官と会談。朝鮮半島情勢の緊張が高まる中、北朝鮮の核・ミサイル開発に対して「拡大抑止力と連合防衛態勢を強化する」ことを確認した。シャーマン氏は会談後、記者団に「北朝鮮に挑発的行動をやめ、外交の道を選ぶことを求める」と話した。

 これに先立ち、米国務省のプライス報道官は6日の記者会見で「北朝鮮が今後数日のうちに7回目の核実験を試みるかもしれないと懸念している」と述べた。日米韓は警戒を強めている。

 シャーマン氏は記者団に、北朝鮮が核実験をした場合「迅速で強力な対応」を取るとけん制した。