放送分野の優れた番組を表彰する第48回放送文化基金賞(主催・公益財団法人放送文化基金)が7日発表され、テレビドラマ部門の最優秀賞は、交番勤務の女性警察官を描いた日本テレビの「ハコヅメ たたかう!交番女子」に決まった。

 最優秀賞は他に、テレビドキュメンタリー部門でNHK名古屋放送局の「目撃!にっぽん 妹が生まれなかったかもしれない世界 出生前診断と向き合って」、テレビエンターテインメント部門でTBSの「水曜日のダウンタウン おぼん・こぼん THE FINAL」、ラジオ部門でNHKの「FMシアター 手を振る仕事」が選ばれた。贈呈式は7月6日。