【ロンドン共同】英国の与党保守党は6日夜(日本時間7日未明)、ジョンソン首相に対する党首としての信任投票を行った。信任が過半数の211票、不信任が148票で、ジョンソン氏の続投が決定した。退陣は回避したものの約4割が不支持の意向を示す厳しい結果となり、信頼回復と党の再結束が課題となる。

 ジョンソン氏に対しては新型コロナウイルス対策の行動規制下、首相官邸でパーティーが繰り返されていた問題で批判が続出していた。信任を受け、ジョンソン氏は記者団に「納得できる、決定的な結果だ。これで政府は国民のために前進できる」と語った。