参院「1票の格差」是正を議論する与野党改革協議会の答申原案が6日、判明した。各党が好ましいとする選挙制度の羅列にとどまり、抜本的是正につながる具体案は示せなかった。1票の格差は3倍に達し、参院に国民の厳しい目が注がれる中、改革は先送りとなった形。隣接県を一つの選挙区にする「合区」は「特定の地域のみ適用されて不公平」だとして、解消を求める意見が多数に上った。複数の関係者が明らかにした。

 具体案がなくても答申にまとめたのは、抜本的な是正に向けて議論を進めていたことを示し、国民の批判をかわす狙いがあるとみられる。