岸田文雄首相は6日夜、閣僚らと政権発足後初の夕食会を公邸で開いた。新型コロナウイルスの感染状況が比較的落ち着き、大勢で会食しても批判は受けないと判断したとみられる。コロナに感染した林芳正外相を除く全閣僚が参加し、参院選に向けて結束を図った。

 出席者によると、首相は「コロナ禍で集まることができなかったが、ようやくできた。国会終盤だが、引き続き政権運営をしっかり頑張ろう」と呼びかけた。