新聞輪転機メーカーの東京機械製作所は6日、同社の株式を主要株主だった投資ファンドが短期間に売買して利益を得たとして、金融商品取引法に基づき約19億円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 投資ファンドは東京機械に買収を仕掛けた「アジア開発キャピタル」の子会社「アジアインベストメントファンド」。

 アジア開発は「今後、裁判所からの訴状の内容を把握、精査した上で、裁判で適切に主張を展開する」とのコメントを出した。