経団連の十倉雅和会長は6日の記者会見で、政府が7日に閣議決定を予定する経済財政運営の指針「骨太方針」案に関し「前進した項目は単年度主義の弊害をなくそうとしたことだ」と述べ、政府の対応を評価した。脱炭素化投資や防衛費の増額が見込まれることを挙げ、「中長期的な計画を念頭に決めていくべきだ」と指摘した。

 国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化目標として掲げてきた「2025年度」の時期を今回は明記しなかったことに関してはコメントを控えた。その上で「財政健全化の旗を降ろさないことが重要だ」と語った。