海洋研究開発機構の有人潜水調査船「しんかい6500」が相模湾深海から回収したプラスチックごみに、中国製とみられるバケツが含まれていることが6日、分かった。中国など東アジア地域からプラごみが大量に海に流れ込んでいるとみられ、黒潮で日本近海に運ばれて沈んだ可能性がある。

 バケツは相模湾三崎港沖の水深約750mの海底で4日、回収された。ピンクの色はあせていたが、バケツとして使用できる状態。底面に「杭州」という地名や「プラスチック工場」という意味の中国語が読み取れた。

 海洋機構は5月22日から6月10日まで数カ所の海域で、深海に沈むプラごみの実態を調査している。