【シドニー共同】オーストラリア国防省は5日、南シナ海の公海上空で5月26日に中国軍の戦闘機「殲16」がオーストラリア空軍のP8A哨戒機の飛行を妨害し、機体と乗組員の安全が脅かされたと発表した。アルバニージー首相は、中国政府側に懸念を伝えたことを明らかにした。

 P8Aは通常の偵察飛行中だった。マールス国防相によると、殲16は加速して、P8Aの機首を横切り、近距離からレーダー探知妨害用の金属片を放出。P8Aのエンジンが吸い込んだ。

 マールス氏は記者団に「非常に危険な行為であるのは明らかだ」と話した。アルバニージー氏は5月23日に首相に就任したばかりだった。