【キーウ共同】ウクライナ東部ルガンスク州のガイダイ知事は5日、ロシア軍と激戦が続く同州の要衝セベロドネツク市を巡り、ウクライナ軍が「市の半分を支配下に置いた」と通信アプリに投稿した。一時はロシア軍による完全制圧が近いとの見方が出ていたが、ウクライナ軍は猛反撃し、制圧された地域の奪還を進めている。

 ウクライナ大統領府は6日、ゼレンスキー大統領がセベロドネツクに隣接するリシチャンスクと東部ドネツク州バフムト地区ソレダルを訪れ、兵士らを激励したと発表。同氏は動画で「真の英雄はわれわれの中にいる」と語った。ロシア侵攻後、ドンバス地域を訪れたのは初めてとみられる。