柔道のグランドスラム・トビリシ大会最終日は5日、ジョージアのトビリシで行われ、男子90キロ級で東京五輪代表の向翔一郎(ALSOK)は3位だった。五輪後初の国際大会に臨んだ向は準々決勝でジョージア選手に敗れて回った敗者復活戦を制し、3位決定戦でイタリア選手に優勢勝ちした。(共同)