自民党の茂木敏充幹事長は5日、松山市で街頭演説し、岸田文雄首相が出席を検討している今月下旬のスペインでの北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に関し、参加する可能性が高いとの見方を示した。「首相は今月後半にG7サミット(先進7カ国首脳会議)でドイツに行く。おそらくその後、日本の首相として初めてNATO首脳会議に出席する」と述べた。

 実際に出席した場合には「揺れる国際社会の中で、日本の存在感はますます高まっていく」と強調した。