天皇、皇后両陛下は5日、滋賀県甲賀市で開かれた「第72回全国植樹祭」の式典に皇居・御所からオンラインで出席された。天皇陛下はあいさつで、地球環境を守る上で森林の重要性が増しているとし「健全な森林を育み、木々を木材として循環利用しながら、次の世代へと引き継いでいくことは、私たちの果たすべき大切な使命だ」と述べた。

 両陛下は御所の車寄せ付近に設置された大型モニター前に座り、現地会場の様子を見守った。

 記念植樹ではスギやヒノキなど6種の苗木を土が入った箱に丁寧に植えた。苗木は後日、滋賀県に運んで植え直される。