【ソウル共同】韓国の尹錫悦大統領は5日、北朝鮮による同日の弾道ミサイル発射を受けて開かれた国家安全保障会議(NSC)に出席し、米韓のミサイル防衛(MD)訓練などで両国の拡大抑止力と防衛態勢を強化していくよう指示した。大統領府が発表した。

 金聖翰国家安保室長が主宰し、朴振外相、李鐘燮国防相らが出席した。複数の地点から多様な形態の弾道ミサイルを発射したと分析、発足間もない尹政権の安保態勢を試す「挑戦」だとの認識で一致。緊張を高める行為だと強く糾弾した。

 また、北朝鮮が核・ミサイルの脅威を高めて得るものはないとし、対話に応じるよう求めた。