【北京共同】中国国営メディアによると、中国当局は5日午前、有人宇宙船「神舟14号」を中国北西部の酒泉衛星発射センターから打ち上げた。飛行士3人は中国が独自に建設中の宇宙ステーションに乗り移り、約半年間滞在する。年内にステーションを完成させ「宇宙強国」の確立へと歩みを進める。

 神舟は、ロケット「長征2号F遥14」に搭載して発射。地球の周回軌道上にあるステーション中核部分に接続し、男性2人、女性1人の飛行士が任務を負う。

 3人はいずれも軍に所属。今後打ち上げる二つの実験施設もステーションに連結させ、全体を完成させる。科学実験や技術試験も行う。