【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、新型コロナ感染が疑われる発熱患者が4日夕までの1日の間に、新たに7万3千人超確認されたと報じた。4月末以降の発熱患者の累計は約407万人となり、人口(約2588万人)の15%超になった。

 1日当たりの新規発熱患者の発表数は前日より5千人超減り、3日連続の減少。発熱患者全体の約96%は回復したとしている。死亡者の合計は4日に71人と報じられていた。

 金徳訓首相が首都平壌市と中部の平安南道、西部の南浦市で、建設現場や農場、製薬工場などを現地視察。金首相は、防疫措置を取りながらも大規模開発や田植えに遅れがないよう求めた。