【パリ共同】テニス女子の世界ランキング1位で21歳のイガ・シフィオンテク(ポーランド)は4日、パリで全仏オープンの優勝スピーチをした際、ロシアに侵攻されたウクライナに対し「強く生きてください。世界は今も共にある。希望を持ち、支援したい」と思いを語った。観客には喝采を浴びた。

 母国はウクライナの隣国で、避難民を受け入れている。シフィオンテクはその後の記者会見で「何が起こっているかを、もっと分かってほしい。私たちは公の存在で影響力があるので、声に出すことが重要」と切実に話した。