サッカーの日本代表は6日に東京・国立競技場で行われる国際親善試合でブラジル代表と対戦する。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位の強豪との一戦に備え、4日は千葉市内で調整した。

 ミニゲームの主力組は、大迫(神戸)が不在のセンターFWを古橋(セルティック)が務め、中盤は原口(ウニオン・ベルリン)と田中(デュッセルドルフ)が前寄りの位置でコンビを組んだ。長友(FC東京)は手薄な右サイドバックに回った。

 冨安(アーセナル)と浅野(ボーフム)は別メニューで調整した。