【ワシントン共同】米連邦大陪審は3日、昨年1月の議会襲撃を調査する下院特別委員会の召喚状に従わなかったとして、議会侮辱罪でトランプ前政権(共和党)のナバロ元大統領補佐官を起訴した。米メディアが伝えた。下院特別委の調査を巡り同罪で起訴されたトランプ前政権高官はバノン元首席戦略官に続き2人目。

 民主党主導の下院特別委は、9日に関係者を呼んで初の公聴会を開く予定。11月の中間選挙に向けて、トランプ前大統領側の責任追及へ圧力を強めている。

 米メディアによると、ナバロ被告は下院特別委が召喚状で命じた文書提出と証言に応じなかったとして起訴された。