三笠宮妃百合子さまは4日、白寿の99歳の誕生日を迎えられた。現在の皇室で最高齢。東京・元赤坂の赤坂御用地にある宮邸で健やかに暮らし、7人のひ孫の成長を楽しみに過ごしている。

 宮内庁によると、百合子さまは健康維持のため、毎日30分ほどテレビ番組の体操やリハビリ体操の運動をし、天気がいい日は庭に出て日光浴や車いすでの散策をしている。

 複数の新聞や雑誌を読むことが日課で、国内外のさまざまな記事に目を通している。その中で新型コロナで苦労している人たちを深く案じているという。

 2016年に夫の三笠宮が100歳で亡くなり、月命日は豊島岡墓地(文京区)を参拝している。