経済協力開発機構(OECD)は3日、対策を強化しなければ、2060年に世界のプラスチックごみ発生量が現状の約3倍になると予測した報告書を公表した。環境中への流出量も2倍に増えると分析し「生態系や人の健康へのリスクが増大する」として抜本的な対策強化を求めた。

 OECDによると、19年の発生量は3億5300万トンで、追加の対策を講じなければ60年に約3倍の10億1400万トンに増える。一方、国際協定を策定するなど世界で協調して厳しい対策を進める場合、6億7900万トンに抑えられると見積もった。