立憲民主党は3日、岸田内閣不信任決議案を提出する方向で検討に入った。複数の関係者が明らかにした。政府の物価高騰対策が不十分だと問題視している。馬淵澄夫国対委員長は、細田博之衆院議長の不信任決議案について「提出の準備に入る」と表明した。週刊誌のセクハラ疑惑報道への説明が不十分などと指摘。「三権の長として許し難い。他の野党にも(提出への賛同を)呼びかける」と国会内で記者団に語った。7日にも提出する。

 泉健太代表は1日に衆院予算委員会での岸田文雄首相との討議を終えた後、記者団に「今日の首相の姿勢は不信任に値するとより強く感じた」と述べた。