千葉県は3日、28年ぶりの完全試合達成などの活躍をたたえ、プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(20)に知事賞を授与すると決定した。シーズン終了後に表彰式を開く予定。

 県は表彰理由で、4月10日の完全試合だけでなく、8回まで完璧に抑えたところで降板した同17日の試合での好投も挙げ「社会的に大きな話題となった」とした。その上で「広く県民に敬愛され、社会に明るい希望と活力を与えた」と評した。

 これまで県は、スポーツの振興に貢献し、功績が顕著な人に知事賞を授与してきた。