【ニューヨーク共同】米女子プロバスケットボールWNBAのミスティックスの町田瑠唯が2日、オンラインで取材に応じ「みんなの動きに自分が慣れてきた。これからはパスの質を上げられるようにやっていきたい」と好感触を口にした。

 町田は7勝3敗でリーグ2位と好調なチームで全試合に出場している。1試合平均2・8得点、3・3アシストをマーク。日本にはない国内での時差や長距離移動を体験してコンディション調整の難しさを感じているというが、視野の広さや正確なパスが光る。周囲からはシュートも期待されており「それに応えられるようにやっていきたい」と声を弾ませた。