法定通貨に連動させて価値を安定させるデジタル通貨「ステーブルコイン」を扱う事業者への規制を定める資金決済法などの改正法が3日、参院本会議で可決、成立した。発行主体の銀行や信託銀行と利用者の間に立つ仲介業者を登録制とする。ステーブルコインの法的な位置付けを明確化し、金融庁の監督によって利用者保護を図る。

 ステーブルコインは「1コイン=1ドル」のように法定通貨と価値が連動するように設計されており、法定通貨の裏付けがない暗号資産(仮想通貨)よりも価格が安定しやすい。国内では普及していないが、海外で決済手段として使われ始めている。