長崎県の雲仙・普賢岳で消防団員や警察官、報道関係者ら43人が犠牲になった1991年の大火砕流から31年となり、被災した麓の同県島原市では3日、遺族や古川隆三郎市長らが花を手向け、犠牲者を追悼した。

 「仁田団地第一公園」内の追悼碑前には、朝から市職員や警察官らが集まった。大火砕流発生当時、消防団員だった古川氏は献花後、取材に「時間の経過とともに災害の記憶が風化していくが、子どもたちにしっかり伝えていきたい」と誓った。

 91年6月3日の大火砕流では、避難勧告に従わず取材を続けていた報道陣や同行のタクシー運転手、消防団員らが犠牲になった。