【ワシントン共同】バイデン米大統領は2日、ホワイトハウスが受け入れるインターンに今秋から初めて給与を支払うと発表した。米メディアによると、週給750ドル(約9万7千円)。これまで無給だったことで申し込みにくかった低所得層の学生などに向けて門戸を広げる狙いがある。

 バイデン氏は声明で「連邦政府の無給インターンシップ(就業体験)は、勤勉で才能ある学生や専門家の障害となってきた。彼らが国に貢献することを妨げ、連邦政府でキャリアアップする機会から遠ざけてきた」と強調。多様性促進にもつながると説明した。給与は既に議会承認された資金から賄うという。