SMBC日興証券は24日、元副社長らが起訴された相場操縦事件についての調査委員会の報告書を公表した。問題とされた自社資金による大量の買い注文を「不適切かつ不公正な行為」と認定。近藤雄一郎社長が問題取引に関するメールを受け取っていたことを明らかにした。企業統治体制の機能不全や、社内全般の規範意識の薄さが背景にあると指摘し、コンプライアンス体制の強化や人事政策の改善などを求めた。

 近藤社長は都内で記者会見し、「このような事態を引き起こしたことを重く受け止め反省している」と改めて謝罪。「責任の所在を明確にし、私自身を含めた社内処分など適切に対処する」と述べた。