名古屋大は23日、北海道大や京都大、九州大とともに、物質・材料や触媒などの化学分野を研究する新組織「学際統合物質科学研究機構」を7月1日に設立すると発表した。若手教員が複数の大学に所属する取り組みを開始。人工光合成の技術や、高効率の太陽電池開発などの分野で、世界トップレベルの研究拠点となることを目指す。

 名古屋大によると、機構には120人を超す研究者が参加予定。機構長を務める門松健治・名古屋大副学長は、オンライン記者会見で「機構からノーベル賞を取るような人材を輩出していきたい」と述べた。連携を推進するための専門部局は名古屋大に設置する。