【アナハイム共同】米大リーグは22日、各地で行われ、エンゼルスの大谷は本拠地アナハイムでのロイヤルズ戦に「2番・投手兼指名打者」で先発し、8回を2安打無失点、メジャー自己最多の13奪三振で6勝目(4敗)を挙げた。打者では3打数1安打で3試合連続ヒット。試合は5―0で勝った。

 レッドソックスの沢村はタイガース戦で6―2の八回から登板し、2回を無安打無失点だった。チームは6―2で勝ち、4連勝。