兵庫県尼崎市は23日、全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。市民の氏名や住所、生年月日などが含まれているが、外部への情報漏えいは確認されていないという。

 市によると、新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金支給事務の委託業者が21日、飲食店で食事後の帰宅時にUSBメモリーが入ったかばんを紛失したことに気付いた。関係先を捜したが見つからなかったため22日に県警に遺失物届を出した。

 メモリーには全市民の住民基本台帳情報の他、住民税の情報などが含まれているという。