23日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=136円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比17銭円高ドル安の1ドル=136円06~07銭。ユーロは77銭円安ユーロ高の1ユーロ=143円87~89銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)による急速な利上げで、米景気が後退するとの懸念からドルを売る動きがあった。

 市場では「日米の金融政策の違いを意識したドル買いもあって拮抗している。大きな値動きになりにくい」(外為ブローカー)との声があった。